クラウドソーシング「ランサーズ」

どうもRT-JPNです^^

今回も多少ですが画像編集/加工に関する記事になりますが
Amazonの商品紹介コンテンツに関して書きたいなと思います。

 

画像編集に関する事や私がご対応できる事に関して
下記の記事で書せて頂いておりますので
其方も併せてみて頂けると嬉しいです( *´艸`)

タオバオ や アリババ の写真を使いたい・・・

 

さて、今回の商品紹介コンテンツに関してですが
そもそも商品紹介コンテンツとはなんぞやと言う話ですが
簡単に言いますと商品の詳細写真や説明文を詳しく記載できるサービスです。

基本的な出品ページの写真/説明だけではなく
出品ページを下にスクロールした先にある
細かい商品の写真や商品の詳細が商品紹介コンテンツです。

当然ではありますが
商品紹介コンテンツを製作していない(設定していない)場合は
下にスクロールしても詳細はありません。
※設定して初めて表示されます

一概に全ての商品ではないのですが
Amazonで人気がある商品や有名な商品のページを見て見ると
出品ページの下の方に写真や商品説明文があると思います。

そちらが商品詳細コンテンツで制作された物になります。

 

さて、なぜこれが重要なのか・・

少し話がそれてしまうのですが
Amazonは女性より男性に人気だという事はご存知ですか?

現在は女性の利用者も多くなってきているのですが
少し前までは圧倒的に男性の利用者が多かったのです。

男性の商品が多かったからとか
男性限定だったと言うわけではありません。

それなのになぜ男性に人気があるのか・・・

それはAmazon自体が
直感的に買い物ができる、簡単に購入できると言う所にあります。

Amazonは商品の写真がすぐに見れて、簡易的に必要な説明が書いてあり
ページの右側にはすぐにカートに入れるボタンがあります。

その事から
欲しい商品がすぐに見れて、すぐに買えると言うスタイルが
男受けしていたのです。

逆に女性に人気の媒体と言うのはAmazonではなく楽天です。

勿論、女性でもAmazonで購入する方はいますし
男性でも楽天で買われる方はいますので全ての人がと言うわけではないのですが
トータル的に男性はAmazon,女性は楽天と言うデータが出ております。

現在はデータが変わりつつあるのですが、まだ現段階では上記のデータに近いです。

さて、なぜ楽天は女性に人気なのか・・・

それは楽天の商品出品ページにあります。

楽天の出品ページは基本的に
下に行けば行くほど商品の詳しい説明や商品画像が見れます

要はLP(ライティングページ)みたいなイメージです。

女性は商品の詳細を詳しく見て
買うかどうか決めたいと言う方が多いという事です。

もちろん男性も買う以上は失敗したくないと言う気持ちはありますが
欲しいものは欲しい、買うなら面倒なく早く買いたいと言う傾向があります。

その為、簡単に早く買えるAmazonが男性に人気があるのです。

上記の理由(他にも理由はありますが・・)で
男性目線のみであれば今まで通りでも良いのですが
女性の顧客も増やそうと考えているのであれば
商品紹介コンテンツの製作もお勧めします。

商品紹介コンテンツを作成する事により
女性のお客様も増える確率が上がる事は勿論ですが
メリットはそれだけではない
のです。

それ以外にも商品の詳細を書く事により
お客様の「こんなはずじゃなかった」を軽減できるのです。

要はクレームが抑えられるという事です。

実際に商品紹介コンテンツを導入した事により
クレームが減った/なくなったと言うお話も聞いております。

 

こういった話をすると
良い商品を販売していればクレームなんてこないでしょ?
と、言う方もいらっしゃしますがそうではないのです。

確かに粗悪なものを販売していればクレームがきて当たり前です。

そうではなく、例えば衣類だとして
詳しい説明が書いてなかった又は書ききれなかったとした場合
ここはゴムになっていると思ったら違かった
調整ができると思ったら調整できないものだった
などそう言った点でのクレーム又はレビュー評価です。

商品が粗悪品だったのではなく
説明不足や書ききれなかった事に関しての指摘などです。

出品ページの横に記載できるのは5行ほどしか記載できませんし
通常の説明文は全てが黒文字で読みにくく、書いてあっても読んでない方も多いです。

結果「こんなはずじゃなかった」と言うような内容のクレーム等が届きます。

 

当然ですが、商品説明に記載されていなかった場合は
詳しい説明がなかったからわからなかった」と言う内容のレビューが届きます。

上記は当然だとしても、しっかり記載しても読みづらい商品説明であれば
記載してあるのにそれに対するクレームがきたりもします。

クレームに対してお店側が「書いてあるでしょ?」と言っても
どんどんお店のイメージが悪くなるだけなので
結果悪い評価をつけられたと言う話もよく聞きます。

そう言った事をなるべく減らす為にも
商品紹介コンテンツをしっかり制作してクレームをできる限り抑えましょう
と言う意味でも制作を推奨しています。

まぁ、それでもクレームつけてくる人はいるんですけどね・・・w

それでもないよりはあった方が良いのは確実なので
商品紹介コンテンツ用の写真と説明文を作りましょうと言う事です^^

 

私が聞いた話の中だけではありますが
お教え頂いた商品紹介コンテンツを記載してからのメリットを記載します。

女性のお客様が増えた
女性物の商品が売れ始めた
全く売れてなかった商品が売れ始めた
クレームが減った/なくなった
回転率が上がった

などの声が多いです。

特にデメリットは聞かないのですが、あえてデメリットとするならば
一商品に対して一度だけ商品紹介コンテンツを作るのが面倒と言うだけです。

製作するにあたって、コンテンツ使用料などもないので
無料でメリットが多いのであればやるに越した事はないかと思います。

確実に商品の売り上げが上がるなどは保証できませんが
確率的には高くなりますので試してみる価値はあるかと思います。

 

早い話が
商品出品ページのクオリティを上げていきましょうって事です^^

コンテンツを作っても売れない場合は、セッション数も確認した方が良いと思います。

セッション数が少なければ売れる確率は低いわけですから
セッション数を確認して少なければメイン写真やタイトル、価格は適正価格かどうかなどを
確認して修正したほうが良いと思います。

基本的にネット販売は
写真/タイトル/詳細など内容が充実しているかどうかや商品価格
売れるかどうかが左右されます。

出品ページは充実していても平均より遥かに高ければ売れません。

安くても出品ページが不安要素で多ければ売れる確率が減ります。

販売している商品の需要性なども関わってきますが・・

今回は商品紹介コンテンツに関しての記事なので
あまり他の点に関しては控えさせて頂きますが
今回のような内容に需要があれば他の点に関しても書いていきたいと思います。

今回もお問い合わせで
商品紹介コンテンツって需要ありますか?」というような内容の
メッセージを数名の方から頂いたので書かせていただきました。

 

纏めますと、本記事では詳しい詳細までは記載してませんが
基本的に商品紹介コンテンツは制作はした方が良いと私は思います。

私個人的な意見なので
もしかしたら商品紹介コンテンツはやらない方が良いと言う方もいるかもしれません。

やはり十人十色なので、考え方はそれぞれ異なるかと思います。

絶対にやった方が良いとは言いませんが
まだチャレンジしていないのであれば、デメリットは少ないので
一度は行動してみるのも手ではないのかなと私は考えます。

商品紹介コンテンツを実際にしてみて
こういうデメリットありましたなど実体験がありましたら
そちらの内容をお教えいただけると有難いです。

実体験を教え頂けると今後の参考にもなり
私にとっても勉強になるので差支えがなければ教えてくださいm(__)m

確かにそうだな」と実感できる事や「それはみんなに伝えた方が良い
と言うような内容であればブログを通して皆様にシェアできればとも考えております。

それでは纏まり内記事になってしまいましたが
今回は商品紹介コンテンツは需要あるのかどうかについて書かせていただきました。

 

此処まで読んでくださりありがとうございましたm(__)m

 

 

画像編集に関する事や私がご対応できる事に関して
下記の記事で書せて頂いておりますので
其方も併せてみて頂けると嬉しいです( *´艸`)

タオバオ や アリババ の写真を使いたい・・・