クラウドソーシング「ランサーズ」

どうもRT-JPNです^^

お問い合わせで「白抜きはやってもやらなくてもどちらでも良いの?」と言う内容のメッセージを数件頂戴しましたのでそれについて記事にしたいと思います。

詳細に関しては下記の記事で詳しく書いておりますので、併せてご覧いただけると嬉しいですm(__)m

Amazon 商品画像 背景白にしなくちゃいけないの?

 

上記の記事で殆ど書いてあるのですが
メッセージを頂いている事実が御座いますので再度書かせて頂くと共に
合わせてビジネスをやり始めた方に特に多い悪い方向へ陥りやすい言葉や行動に関しても少し書いていきたいと思います。

はじめに
白抜きに関してですが、結果から言いますと白抜きは必要です。

これに関しては
出品ページを綺麗に魅せるためだとか購買欲を高めるため必要と言っているのではなくAmazonの規約上必要だという事になります。

Amazonの出品で使用するメイン写真は「背景に純白な白以外の色を使うこと」と定められています
※純白な白とはRGB値が(255, 255, 255)です

極端な話が商品画像を切り抜いて真っ白な背景に差し替えてください。という事です。

背景白の他にも
写真のサイズが小さい
画像サイズに対して商品が小さすぎる
映りが悪い(ピントが合っていないなど)
なども忠告の対象になります。

此処では背景以外は省略致しますが
出品写真一つでもAmazonにはAmazonのルールが存在します

稀に「忠告があっても無視しても大丈夫?」や「写真編集が手間なので放置してます」など
質問やコメントを頂戴しますが、基本的に忠告無視は避けた方が良いです。

忠告されて直ぐと言うわけではないのですが
出品ページ削除される可能性が御座います。

出品ページの削除をされなかったとしても
検索ワードに引っかからなくなる事も御座いますので
忠告された場合はなるべく早い段階で対処した方が良いです。

出品ページが削除されないのであればいいやと言う方もいますが
それは考え直した方が良いです。

当然、出品したページにお客様が来なければ売れる事はありません。

相乗り出品であれば、売れる可能性は御座いますが
新規出品であれば致命的です。

購入していただく際は
出品ページに入って頂かないと「カート」のボタンが表示されないですよね?

出品ページに来て頂かないと買っていただけないわけです。

 

例えばですが
あなたが仮に店舗販売をしていたとします。

商品は当然ながら店舗の中にあるわけです。

お店の中に入って頂かないと商品が売れる事はないですよね・・・。

それと全く同じことです。

検索後の一覧で表示されているのは店舗の外観なわけです。

出品ページに入ると言うのが店舗に入るという事です。

店舗に入って初めて商品をかごに入れてレジに向かうわけですから
検索エンジンにすら引っかからなくなると言うのは致命的なのです。

そこにあるはずの店舗が
実在しているのに見えないと言った状態なわけですから
入りたくても入れないわけです。

そのお店を知らない人からしたら、存在すらも知らない状態です。

上記の事から検索で引っ掛からなくなるのは致命的なのです。

 

勿論、ご自身のSNSなどから誘導して購入させる事は可能です。

ですが、自分自身で誘導ができない場合は売ることができないのです。

それであれば
SNSでも誘導しつつAmazon側からも売れる状態にしておいた方が
お客様に買っていただけるチャンスが高くなるわけです。

 

話が少し脱線してしまいましたが
忠告は無視せずに早めの対処をした方が良いという事です。

 

因みにですが
現在の日本Amazonではメイン写真のみが白抜きであればOKです。
※今後、商品紹介コンテンツ以外は白抜きになる可能性もあります
(あくまでも、可能性があると言うだけで公表されてたりは今のところありません)

メイン写真のみが白抜きであればOKであれば
一商品に対して1枚だけを加工すれば良いのです。

売れなくなるリスクを背負うぐらいであれば
規約通りのお写真を添付してしまった方が明らかにメリットが多いわけです。

 

またまた話が脱線します

私自身はコンサルタントもやっているという事もあり
よく耳にする言葉や行動を目にしたりします。

一概にすべての人だと言うわけではないのですが
明らかにその言葉や考え方をしている人などは悪い方向へ陥る傾向がある為に
今回は簡単に記事にしたいと思います。

その言葉や考え方、行動は何かといいますと
行動する暇がない
別の事をする時間がない
その時間が無駄だ
ご自身の周りで使う人はいませんか?

ビジネスをやられている方でこの言葉や考え方をしている人に
会ったり、耳にしたりしたらあなたはどう思いますか?

第三者から見てしまうと言い訳しているようにしか見えないですよね?

人によっては言い方が悪いように感じるかもしれませんが
Amazonで言うならば毎月Amazonで数百万稼がれている人だって
時間を作って白抜きしている方だって事実いますから
販売量が少ないとしたら何故暇がないの?と言う
疑問が生まれますよね・・・。

私が知っている稼がれている人も最初から稼げていたわけではなく
正社員で務めながらAmazonで副業をして徐々に稼ぎを増やして言った形です。

ダブルワークしながらも画像編集も含めて全て一人でこなしていました

毎日8時間+忙しい時は残業をしながら寝るまでの間に行動していたわけです。

勿論、ブラック企業のように毎日12時間やそれ以上努めていると言うのであれば
確かに副業をしている暇はないと思います。

 

ですが、よく考えてください

皆様もそう思うかもしれませんが
副業している暇がないならやらなければよくない?
これが周りの考えなわけです。

コンサルタントや知人がお前は副業をやれ
言っているわけではないのです。

自分自身が
もう少し余裕が欲しい
自立したい成功したい
会社に縛られたくない
などの夢をもって行動しているだけです。

やむを得なく事業をしざるを得ない状態になった方もいますので
一概に全ての人とは言えませんが、大半がそうだという事。

要は、何かしらの理由をつけて
やらない事を正当化にしたいだけなのです。

私が見ている限りではありますが
暇がない」と言っている大体の方は
余計な時間を使っているだけで「暇は作れます

ゲームやっている人であればゲームをやらないでください。
テレビを見ているならばテレビを消してください。
Youtubeを見ているならばページを閉じてください。

 

このような形で
自分が仕事や睡眠以外の場所で時間を使っている事を
一日でもいいのでやめてみてください

自分が使っている時間にやっていた事だけをやらないようにするだけ
かなりの暇な時間が生まれるはずです。

寧ろ、自身がやっていたことをしない条件なので
暇すぎて何やろうかなと考えるかと思います。

暇すぎて出かけたとか寝てしまった
ビジネスを辞めた方が良いと思います・・・

考え方を変えない限りビジネスに向いてないので・・・

上記で分かる通りで
暇がない」のではなく「暇をつくろうとしないだけなのです。

普段やっている事に関しては
無意識や楽しくで行動をしているので苦ではないですが、
新たに始める事や行動した事のない行動と言うのは
慣れるまで本当にしんどい行動です。

ですが、その行動は稼ぐ為にはとても大切な行動です。

是非、今後の為にも
すぐに暇がないからと言い訳をせずに行動する技術を身に着けてください。

 

次に時間がないについて

暇がないと時間がないは同じじゃない?って思う方もいると思いますが
ここでいう時間がないとは「作業に追われていて時間がない」という事です。

要は仕事の作業に時間をとられて時間がないと言う状況です。

これに関しては
目先の事しか考えていない方
自分でないと駄目だと思い込んでいる方
が多いです。

しつこいと思いますが一概に全てと言い切っているわけではございません。

毎度、書かないでいいのでは?と暖かいコメントもいただくのですが
これだけ「一概に・・・」と書いてあっても、みんながそうだと思うな
熱いメッセージを頂くので念のために書いている次第ですm(__)m

分かってくれる柔軟な思考の持ち主様が読んでくだされば
私は十分なので気にはしておりませんが^^;

 

話を戻します

目先の事しか考えていない方
自分でないと駄目だと思い込んでいる方
これに関しては、本当に多いです。

言ってしまえば、ニコイチって感じですね。
時間をつくれない人は、両方当てはまる方が多いです。

多い行動としては社長がやらないでも回る事を
自分でやった方が速いからと自分でやってしまう行動です。

気づいてほしいのが
確かに素人がやるよりは慣れた人がやった方が早く終わるのは当然です。

しかしながら
一日の間に終わらせたい仕事、やらないといけない事があるわけです。

本来やらないといけない事を無駄な作業に時間を使っているから
時間がないから別の作業はできないと言っているのです。

無駄な事に時間を使っているから
1日のスパンで考えた時に時間がかかりすぎているのです。

自分がやった方が速いと言う考えは
一日の仕事の中にある極一部の仕事しか見えていないから言える言葉です。

それだけが速くても
一日の仕事が間に合ってないのであれば意味がないという事です。

何が言いたいかと言いますと
その人の行動が遅かったとしてもその日中に終わるのであれば任せて
自分が本来やらないといけない仕事をやりましょうという事です。

 

次に時間が無駄と言う方

これに関しては
上記にもある通りで無駄な時間がある可能性もあります。

しかしながら
全てにおいて一人でやられている方(従業員などがいないなど)は
任せたくても人がいないわけですから時間が限られるのは至極当然です。

その悩みを解決するのが
利益にならない行動をきっぱりやめて、本来しなくてはいけない事を優先する。
全てにおいて利益につながる行動の場合はアウトソーシングするという方法があります。

アウトソーシングすると無駄なコスト掛かるじゃん」と
言われる方もいますが、本当にそうでしょうか?

極端な例えになってしまいますが
ネット上で物販をやられている場合
注文が入ったらかなりの遠方でも届けに行きますか?

何かしらの理由がない限り自身で行きませんよね?

大体は運送業者に依頼をして配達してもらいます。

自身で配達なんてしていたら配達している時間は
ハンドルを握っているわけですから他の仕事ができません

そんな事していたらどんなに時間が合ったって足りません

ですから、送料を支払って時間を買っているわけです。

アウトソーシングをする事によって時間が生まれ
生まれた時間で利益になる行動をしていれば外注したお金だって回収できます。

物販の場合も出荷する際
送料を購入者様から回収したり、商品代に上乗せしたりして回収するわけです。

ネットで販売したら運送業者に発送してもらうと言う事が当たり前になっているので
気にしてなかったと思いますが、これも立派なアウトソーシングなわけです。

外部の業者様のサービスを購入して、配達を委託しているわけですから

以前から当たり前のようにやっている行動に関してはあまり考えずに委託しますが
新たに委託しようとすることに関しては必要以上にシビアになっているという事です。

委託はお金がかかると言う目先の事だけに考えを集中するのではなく
全体を見てどちらが利益になるかを考えた方が先につながります

どうしても委託すると利益がない又は赤字と言うのであれば
ビジネス自体や商品(サービス)を見直したほうが良いと思います。

 

かなり本題から脱線してしまいましたが
無理やり纏めさせていただきますと

・Amazonのメイン画像は白抜きが必ず必要
・忠告があったら直ちに対処した方が良いという事
・目先の事だけではなく全体を見る事
・自分でないと駄目だと思い込まない事

大まかにですが、これが少しでも伝われば良いなと思います。

因みに、画像編集の依頼などもアウトソーシングです。

ご自身でできない
時間がどうしても作れない
と言う事であれば業者に依頼をして規約通りの出品をする事を推奨いたします。

私の広告の様になってしまいますが
なにも私でなくても、ネットで検索すれば幾らでもヒットします

自分の無駄な時間を無くすためにも、あなたに合った委託先を見つけて
自分がやらなくてはいけない仕事に専念された方が先につながります。

自分で時間を作れるのであれば
画像編集の場合は自身で編集された方がコストもかかりませんので
其方を推奨いたします。

必ず委託しなくてはいけない決まりもありませんからね^^

回収できて利益が出る又は利益ががるのであれば
どんどん委託してビジネスの規模を大きくしていく事も大切です(*^▽^*)

勿論、従業員を増すの一つの手です。

委託や雇うという事は
自分の時間を作れたり、一人一人の負担を減らしたりと
時間的にも体力的にも精神的にも余裕が出てきます

何かあれば「時間がない」などではなく
ちょっとやってみようかななど余裕があった方が何かとメリットが生まれます。

新たな発見に気づく時もあります( *´艸`)

 

最後の最後までまとまりのない記事になってしまいましたが
ここまで読んでくださりありがとうございましたm(__)m

私は語彙力を身につけなければなりませんね(‘_’)w

ありがとう御座いましたm(__)m