クラウドソーシング「ランサーズ」

どうもRT-JPNです^^

今回はお問い合わせでも直接会ってでも共に
よく相談/質問される事に関して書いて行こうと思います。

その内容と言うのが
クレームに関して悩んでいる」という事。

過去の一例ではありますが、下記のような悩みが多いです
・クレームが怖くてブログなども含みSNSが怖くてできない
・一言つぶやくだけでクレームが来る
・叩かれそうで思い切った行動ができない
などなど。

今はネット社会ですから、SNS等を使用して情報発信をしていきたいけど
怖くて中々手が出せないと言うご質問や相談をおおく頂きます。

中には既に情報発信をしているが、クレームのコメントが多くて心が折れそう等。

ネット社会だと言う事もあり
インターネット上のみで販売している方も増えておりますので
ネットで情報を流せないのは死活問題」にもなります。
※ネットのみでの販売の方はと言う意味です

もちろん物販の場合は大手ネットショップを介して
お取引をしているのであれば何とかなる場合が御座います。
(例えばAmazon、楽天、メルカリ、ラクマなどの媒体)

他にも数多くの媒体が御座いますが
有名処として挙げさせて頂いた上記のネットショップ等であれば
その媒体自体が広告になりますので比較的売れる確率は御座います。

※当然ながら商品やサービス、価格によって売れる売れないは異なってきます

しかしながら
情報商材の販売、サービスの販売、自社ECショップの販売などは
どうしても自分自身で広告をしないとお客様に見てもらえないと言う状況に陥ります。

探せば大手の媒体で情報商材もサービスも販売できる媒体は御座いますが
大手媒体を使用したところで他社(ライバル)問題が発生してきます。

要は同業者争いですね。

独自の商品を持っているのであれば強いのですが
商品がかぶったりサービス内容が似ているとどうしても
価格競争に陥ったり、安値販売をしたりと悪い方向へ陥ってしまう傾向が御座います。

付加価値をつけたりすれば
他社との競争などを避ける事はできますが
相手もプロですのでサービスを似せてきたり
或いはそれ以上のサービスを付加価値として
勝利のカードを出してきたりします

その結果、焦りが出て誤った行動をしてしまい
価格競争になったりクオリティーを下げてまで無理やり売ったり
売れば売るほど赤字と言うような訳の分からないビジネスになる方が多いです。

売っても売っても儲からないと言う人は結構な割合で耳にします

要は自分の商品やサービスを自ら価値を下げてしまっているのです。

これは絶対に避けなくてはいけない状況です。

そこで手助けとなるのがSNSなどによる、ネット上の広告なのです。

簡単に説明いたしますが、ネットでの広告の意味としては
商品やサービスを売るにあたってお客様に伝えていく必要があるからです。

伝える事と言いますのは
商品、サービスの内容や魅力もそうなのですが「それだけではない」のです。

世の中、同じような商品やサービスは多く存在します。

その中で売っていく為に
あなたしかできない付加価値をつけて売り込んでいく
と言うのも一つの手ではあります。

当然の事ながら同じような商品がある中で
あなたが販売している商品を購入していただく必要があります。

要は他社と同じ商品であっても
あなたが販売している商品を買っていただく事が必要」という事です。

その為にはSNSからあなたの商品が売っているページに
誘導して購入していただくのが近道となります。

SNSなどからお客様に自分の魅力を伝えて
自分のページに誘導して購入まで導くと言う形です。

そこで伝えた方が良い事が下記の通りになります。
・何故、あなたから買わなくてはいけないのか
・同じ商品がある中で、何故あなたの商品を買わなくちゃいけないのか
・何故今買わなくてはいけないのか

販売したいその商品やサービスを理解している上
上記が伝わらないと購入に至らなかったり、他の出品者の元へ逃げてしまったりします。

極端な話が、情報発信だけしても購入者様が「この人が良い」と思わなければ
他の出品者で安く販売しているところないかな?」と探しに行ってしまう可能性の方が高いのです。

逆に言えば「この人が良い」と思っていただければ、多少高くても貴方から買うという事です。

ですから、ネットの中での販売なんてその人の顔も性格も知らないわけですから
どんどんSNSなどで発信し、自分や商品を知って頂く必要が御座います。

さて、話が横道に反れてしまいましたが
ネット社会である以上は情報発信はした方が良いという事が少し解って頂けたかなと思います。

勿論、店舗様などSNSなど利用しなくても大丈夫と言う方もいらっしゃるかと思いますが
より多くの人にお店を知って頂くためにもネットでの広告は推奨しております。

ネットで広告した方が良いのはわかったけど
クレームが怖い
ネット上に情報を書くのが怖い
既に発信しているがクレームや批判が多い
と言うようなお悩みを持っている方も多いです。

 

これに関してですが、一言で言ってしまうと
クレーム/批判など気にしなくていいです。

批判など気にしないでバンバン情報発信しましょうという事です。

簡単に言うなよ・・・と思いますか?

しかしながらこれが答えなわけです。

もし、あなたが悪い事をして批判されているのであれば話は別です。

それは批判やクレームがあってもご自身が悪いのですから直した方が良いです。

私が言うクレームや批判と言うのは、自身の考えと違った考えを持った方からの
嫉妬や妬みによるものを指しています。

あなたが真っ当な商売をやられているのであれば自信をもって発信しましょうという事。

基本的にクレームは商品やサービスに不具合があった時か嫉妬や妬みでしかありません。

不具合があったのならば改善しお客様の立場に立って提供していく必要がありますので
クレームではなく情報を頂けたとして考え方を変える事が大切です。

不具合な物をご提供して「こんなクレーム書くなよ」と思っているのはただの逆ギレなわけです。
このような不満を頂いたから今後は気をつけなきゃ」と考えを改める機会を頂けたと捉えましょう

嫉妬や妬みに関してですが、放っておきましょう(笑)

貴方がビジネスを成功すればするほど嫉妬や妬みは多くなります。

同業者で売れてない業者様からの嫉妬や
あなたの商品が悪かったわけではなく違う方の商品を買って悪かったから
こいつも同じだ」と誤解され批判してくる人などもいます。

例えば情報商材でありがちですが
別の方から情報商材を買ったら詐欺だったので
同じような情報を売っているこいつも詐欺師だなど・・・

実体験で一度嫌な事があると、あたかもそれが全てに当てはまると捉える傾向があります。
あまり言葉にしたくはないのですが、日本人は特にそう言った方が多いです

自分が悪くても他責にして自分を正当化させるのが得意なのが日本人の特徴でもあります
※一概にすべての日本人がそうだと言っているわけではありません
※勿論日本人以外でも同じような考えをする方だっておられます

ですから、その人の考え方のクレームが来たとしても
その人と会って会話ができるわけではないのですから気にしても無駄だという事です。

十人十色と言う言葉がある通り、個々により考え方は違います

私も様々な記事を書かせて頂いてますが
共感できると言う人もいればそれは違うだろと言う方もいます。

あくまでも私のブログに書かれている事は私の考え方ですから
万人が理解してくれるとはサラサラ思ってもおりません

私に限らず情報発信をしている皆様は同じ気持ちで発信しています

もしブログである場合、クレームが仮に来たとしたらその時のアクセス数を見てください。

例えばそのページのアクセスが100だったとして、批判が一件入ったとします。

その一件を始めて書かれてしまった時は
気分は良くないかと思いますが「それでも100/1の割合なのです

たった1%の出来事で99%を無駄にする事は本当にもったいない事です。

100人に1人だけ私とは考えが合わないだとか、妬みかな?と言う人がいるだけなのです。

万人に好かれることはまずありえないです。
それは皆様が解っている事かと思います。

極端な話が私が嫌いな人間も多く存在します。
その人達からすると私が息を吸っているだけで、存在しているだけで嫌なわけです。

ですが、気にしたって仕方ないですよね?

私は私、あなたはあなたなわけですから。

有名になればなるほど
批判をしたい人はその人の事を一生懸命調べて悪い所を探してまで批判してきます

突けるところがあれば突きたいって考えです。

突然ですが「性格を含め自分の悪い所を5個あげてください」と質問された場合
大体の方が自分の悪い所を答えられますよね?

自分の悪い癖や性格
今まで生きてきた中で「悪い事したなー」って思った事などです。

探せば大小はあるかもしれませんが必ずあります。

我々は人間ですから
悪い事をしては両親などから怒られて直してなどを繰り返して生きています。

何が言いたいかと言うと、探せば悪い事なんて幾らでもあるという事。

皆がやってそうな小さな悪い事でも探し出しては
大ごとの様にオーバーに言い換えて批判してくる人もいるという事です。

私も経験がありますが、ありもしない事を書かれたりする事だってあります

某有名人の様に、殺してもいないのに犯罪者扱いされたりなど
正直、度が過ぎている方もいるわけです。

それに乗っかって更に乗っかってくる野次馬みたいなクレーマーもいるわけです。

ここまで書くとやはりネット怖いじゃんと思われるかもしれませんが
上記の例はかなり有名になられた方や、ずば抜けて目立った人です。

確かに長年やっていると有名でなくても
クレーマーが現れる可能性はありますが、いちいち気にしても無駄だという事です。

2/1がクレーマーであれば、ご自身に問題もあると思いますので
色々な面からご自身を分析する必要はあると思います。

例えば、クレーマーの割合が
全体の10%以下であれば許容範囲と言うような形で
許容範囲を予めご自身で設定して、まずは行動をした方が良いと思います。

100人いれば1人や2人は必ず自分とは考えが違う人が現れるのは当然という事です。

その少ない割合のクレームを怖がっていたらビジネスはできないという事です。

クレームする人の割合以上に沢山の方に良い商品やサービスを
ご提供をし続ければ必ずあなたの根強いファンがつきます。

その一部の妬みなどを真に受けて根強いファンを放り投げてやめてしまったり
今まで使った時間を捨てるのはもったいないという事です。

どうしても少ない嫌なコメントなどがあるとそこに目が行ってしまうのは
仕方がない事だと思います。

ですが、そのコメントに心が折れてやめてしまっては相手の思うつぼなのです。

貴方が販売する商品は
こういう商品が欲しかったと思てくださるお客様がいる可能性も御座います。

その方達にその商品やサービスを届ける為にも、心のないたった一言に負けず
自身をもってご提供していってほしいと言うのが願いでもあります。

必ずあなたの商品を待っている方は存在します

その商品を待ってた方に届けたり、知らない人に魅力を伝えたりする為に
ネット上の広告に力を入れていってほしいと心から思っております。

ご自身の為にも
クレーム中傷が怖くて前に進めないとは思わずに
自分自身や商品をアピールしていってください。

現在こういう妬みや批判で困っていると言う事があれば
お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

出来る限りではありますが、ご相談には乗らせていただきます。

勿論、料金は取りませんしセールスもする気は御座いませんので
ご安心を・・・・( *´艸`)w

というわけで、今回はクレームなどが怖くて前に進めない等のご質問に関してお答えさせて頂きましたm(__)m

毎度ながら文字だけのブログを此処まで読んでくださりありがとうございましたm(__)m

お互いに頑張っていきましょう(*^▽^*)♪