どうもRT-JPNです。

今回は「Amazon 商品画像 背景白にしなくちゃいけないの?」と言う内容で
記事を書いていきたいと思います。

はじめに・・・

※最近では有難い事にAmazonに限らず
楽天の RMS に追加された「 白背景画像の登録機能 」のご対応で
ご依頼してくださるお客様も増えております。

他にも
タオバオ、アリババなどの写真を加工(白抜き、切抜き、合成など)
不動産物件のお写真加工
中古車販売の傷消し加工
アダルト画像のモザイク加工
ナイトワークのお写真加工
などなど。

様々な業種の方々からご依頼いただいておりますので
お気軽にご相談、お問い合わせくださいませm(__)m

また、本記事を読まれて同じよう内容のご質問を頂いていたので
其方に関して書いた記事を、本記事の最下部にリンクを貼らせていただきました。

宜しければ合わせて読んでいただけると幸いですm(__)m

 

加工サンプルに関しては下記をご覧くださいm(__)m

 

 

「Amazon 商品画像 背景白にしなくちゃいけないの?」

さて、日々Amazonはルールや規約などが更新されていて
今までは大丈夫だったのに今はNGとなったと言うような事が少なからずありますので
自分のメモがてらにでも記載していきたいと思っています。

少し前の話になりますが、Amazonからこのようなメールが届きました。

Amazonからのメール内容引用

平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。
本メールは服&ファッション小物カテゴリーに出品された方に送らせて頂いております。
Amazonの服&ファッション小物カテゴリーでは、購入者様にわかりやすい商品情報を提供するために商品画像に基準を設けております。
Amazonの調査によると、この基準に沿って撮影された画像は購入者様に好まれる傾向にあるということがわかりました。
従いまして、出品いただいている商品のうち、画像基準を満たしていない画像(メイン画像)は、8月29日以降順次検索対象外に設定させていただきます。

対象となるメイン画像の禁止事項:

–    背景に純白な白*1以外の色を使うこと
–    画素数が低かったり、ぼやけている画像を使用すること*2
–    ボーダー、ロゴ、透かし画像、文字情報、色見本、その他の装飾を画像に入れること
–    商品の全体像が写っていない画像を使用すること
–    複数の商品やモデル画像をまとめて表示すること(セット商品を除く)
–    モデルが座っている、または寝た状態の画像を使用すること
–    ブランドのタグ、パッケージを一緒に撮影すること(ストッキングは対象外)
–    マネキン着用、または合成された画像を使用すること (ストッキングは対象外)
–    猥褻な画像(例:性的な部分を隠していない、下着・水着にキッズモデルを利用している)を使用すること3

*1 純白な白とはRGB値が(255, 255, 255)です。
*2ズーム機能を有効にするため高さ、幅のいずれかが1001 pixels以上の画像サイズにしてください。
*3 6月30日のメールでのご案内から新たに追加された項目となります。

はい、このようなメールをいただきました。

該当された出品者様には同じ内容のメールが届いているかと思います。

結局どういうことなの?という方の為にざっくり説明すると
Amazonが求める写真を使ってくれないと検索に引っかからないようにしますよ?
という事です。

SEO対策などをしていても検索キーワードにかからないようにします。
という事です。

別に出品が取り消されるわけではないからいいのでは?
という方もおられると思います。

ですが、出品を取り消される可能性も十分にあります

メイン画像を修正してくださいと言った表示は
セラーセントラルで表示されるでしょうから、そのまま放置していれば
削除対象になります

仮に削除されなかったとしても検索対象外にされるという事は
出品ページがAmazon上に表示されないという事ですから
お客様の目に触れる事がありません

お客様に見てもらえないようになるという事は
売ることが不可能という事です。

ですから
出品はされてるのに出品されていないと言うような
訳のわからない状態になるわけです。

そうならない為にも、Amazonの求める写真に早めに切り替え
出品することを推奨いたします。

因みに以前にAmazonに問い合わせた内容なのですが

白い背景というのは、
白の壁やテーブルなどを背景にして撮影したものでも良い?
と、言うような内容を問い合わせたことがあります。

その答えとしては
背景があるものに比べれば良いが基本的に編集をしてください
いった内容が返ってきました。
※現時点では大丈夫だが、今後それも削除対象になる可能性が高い?

極端な話が
画像編集でしっかりと白抜きをしてくださいという事ですね。

ご自身で画像編集をできる方は良いのですが、
できない場合はプロにお任せするしかないかと思います。
※プロの加工業者様ですとお値段は高いです

弊社でも白抜き加工を対応しております

少々広告の様になってしまいますが、少しだけお付き合いくださいm(__)m

弊社ではクライアント様限定で白抜きサービスを行っておりましたが、
ご要望があまりにも多かったために、現在はクライアント様以外でも
お安くご対応しております。

デザイナー職一本ではないので、プロと比べると少々劣りますが
見栄えも悪くなく、出品にあたり問題のない状態に仕上げています。
※すべてのお写真に対応するものではございません

念のために弊社で加工したお写真を
Amazonに直接加工後のお写真を確認して頂きましたところ
基準を十分に満たしておりますので問題ないです」と
お言葉をいただいておりますのでご安心ください。

参考例として下記のように仕上げます。
f:id:rt-jpn:20170829180539j:plain

今までは左のような写真でも大丈夫だったのですが
現在は右のように加工してくださいという事です。

クライアント様にはある一定枚数は無料で実施させていただいてます。

クライアント様以外の場合は下記の料金でお受けしております。

クライアント様以外の料金

白抜きの基本料金は500円になります。

プロの業者様に頼むより破格でのご提供ですので
個人様や中小企業様などお気軽にご利用くださいませ。
※納期に関しては、枚数やお写真によって加工時間が異なります

お問い合わせは、お問い合わせフォーム又はLINEよりご連絡くださいませ

お問い合わせの際はお名前(名字だけでもOK)、依頼枚数などを明記の上で
ブログを見たと言っていただけるとスムーズにご対応できます

 

ココナラでもご対応致します♪
※ココナラでもご対応しております
※ただしココナラ様ではサイトを介してのお取引の為にレスポンスよくお取引ができない場合が御座います
(ご返信が遅れてしまったり、納品までに時間がかかったりなど)

Amazon 商品画像 白抜き致します Amazon 商品画像 の 加工 で困っている方へ

タオバオやAlibabaのお写真の編集/加工も承ります。
※お写真によって加工できないものもございます


宣伝の記事になってしまっているので話を変えます

白抜きすることは少し手間ではありますが、
小売業であれば売れないことにはビジネスが成立しません

折角、大口出品をしてAmazonに5000円程の会費を払っていても
それすら回収できないような状態では商売あがったりです。

商品は売れても薄利多売で一つの商品当たりの利益が少なく
利益だけでAmazonの会費を払う事もできていない
という方も多くいらっしゃいます。

仕入代+Amazon販売手数料+FBAを使用されている方はFBA手数料
これらを売上金から差し引いた金額が利益なわけです。

勿論、その他に経費がかかっていればその金額も利益から
差し引かれるわけです。

実際、利益だけでAmazon会費代を払えなくては意味がありません

当り前でしょ?って思う方もおられると思いますが
それが出来ていない人も多くいらっしゃいます

当り前でしょ?って思われている方でも
気づいていないだけで赤字になっているという方もおられます。

特にせどりをやられている方に多い傾向があります。

私のクライアントさんにも元々せどりをやっていて
利鞘が取れないという方がおられました。

今では軌道に乗ってはいますが、その当時は売れば売るほど赤字になると
言ったような販売方法でしか売買できずにいました。

中には販売方法が原因で赤字になっているという事に
気づいていない方が多くいらっしゃいます

仕入れ金額より高く売ってるのになんで手元に残らないの?
という状態です。

この記事を読んでくださっている方の中にも上記のように
売っても手元に残らないと言う状態の方もいらっしゃると思います。

クライアント様を持つ身なので詳しい事は言えませんが
ヒントとして、少し気にしてほしい所をお伝えするとすれば
なぜ手元にお金が残らないかの原因に気づくと案外うまくいきます

是非、一度そこに目を向けて考えてみてください。

まずは、出品ページの改善からです。

売れない状況をご自身で作ってしまわぬように、
Amazonの出品ルールに基づいた出品をして万全な体制にして
販売していきましょう。

基礎がしっかりとできていないと、ライバル社に蹴り落とされる時代です。

最低限、ルールに基づいた出品方法をして
且つライバル社との差別化を進めていくことが生き残っていくために
必要不可欠になります。

これからも稼ぎ続けられるセラーを目指して頑張っていきましょう♪

 

・追記
此方の記事を読まれて「こんなことはできますか?」という
お問い合わせが多かったので記事に致しました。

お写真 / 画像 編集 について


もし宜しければ合わせてこちらも読んでいただけると幸いですm(__)m