「Amazon 商品画像 背景白にしなくちゃいけないの?」

Amazonに出品しようと
思ってるんだけど・・
相方
相方
Rito
Rito
おー、良いじゃない♪
商品の写真って
背景を白にしないといけないの?
殆どの商品が背景白だよね?
相方
相方
Rito
Rito
うん、そうだね。
Amazonのルールで決まっているから背景は白にしないと駄目だよー。
そっか・・・。
じゃあ、撮影するときに
バックスクリーンを白に・・・
相方
相方
Rito
Rito
ちょっと待った!!
白い背景で撮影しても
忠告されることがあるよー。
え?
背景を白にしないと
駄目なんじゃないの?
相方
相方
Rito
Rito
撮影の仕方にもよるけど
基本的に切り抜き加工をして背景を白にする必要があるよ。

どうもリトです。

今回は
商品画像 背景白にしなくちゃダメ?
と言う内容で記事を書いていきます。

冒頭にお伝えしますと
Amazonでの商品写真(メイン写真)は
背景を白にする必要があります

Amazonは
日々ルールや規約などが更新されていて
今までは大丈夫だったのに今はNGとなったと言うような事が少なからずありますので
自分のメモがてらに記事にしました。

少し前の話になりますが
Amazonからこのようなメールが届きました

・Amazonからのメール内容引用

平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。
本メールは服&ファッション小物カテゴリーに出品された方に送らせて頂いております。
Amazonの服&ファッション小物カテゴリーでは、購入者様にわかりやすい商品情報を提供するために商品画像に基準を設けております。
Amazonの調査によると、この基準に沿って撮影された画像は購入者様に好まれる傾向にあるということがわかりました。
従いまして、出品いただいている商品のうち、画像基準を満たしていない画像(メイン画像)は、8月29日以降順次検索対象外に設定させていただきます。

対象となるメイン画像の禁止事項

–    背景に純白な白*1以外の色を使うこと
–    画素数が低かったり、ぼやけている画像を使用すること*2
–    ボーダー、ロゴ、透かし画像、文字情報、色見本、その他の装飾を画像に入れること
–    商品の全体像が写っていない画像を使用すること
–    複数の商品やモデル画像をまとめて表示すること(セット商品を除く)
–    モデルが座っている、または寝た状態の画像を使用すること
–    ブランドのタグ、パッケージを一緒に撮影すること(ストッキングは対象外)
–    マネキン着用、または合成された画像を使用すること (ストッキングは対象外)
–    猥褻な画像(例:性的な部分を隠していない、下着・水着にキッズモデルを利用している)を使用すること3

*1 純白な白とはRGB値が(255, 255, 255)です。
*2ズーム機能を有効にするため高さ、幅のいずれかが1001 pixels以上の画像サイズにしてください。
*3 6月30日のメールでのご案内から新たに追加された項目となります。


このようなメールをいただきました。

出品者には同じ内容のメールが届いている
と思います。

ふむふむ。
よくわからん。
相方
相方
Rito
Rito
説明しますよっと・・・

結局どういうことなの?という方の為に
ざっくり説明すると
Amazonが求める写真を使ってくれないと
検索に引っかからないようにするよ?
という事です。

SEO対策などをしていても
検索で該当しないようにします。

という事です。

出品が取り消されるわけではないから放置で良いのでは?
相方
相方
Rito
Rito
おいおい・・・;

出品自体をを取り消される可能性も十分にあります

メイン画像を修正してくださいの警告は
セラーセントラルで表示されます。

改善が見られず警告無視を続ければ
削除対象になります

削除されるのは困るな~
相方
相方

仮に削除されなかったとしても
検索対象外にされるという事は
出品ページがAmazon上に
表示されないという事ですから
お客様の目に触れる事がありません

お客様に見てもらえないという事は
売ることが不可能という事です。

出品はされてるのに出品されていないと言うような訳のわからない状態になるのです。

そうならない為にも
Amazonの求める写真に早めに切り替え
出品することを推奨いたします。

でも、撮影の時に
バックスクリーンを白にすれば良いんじゃないの?
相方
相方
Rito
Rito
実際に問い合わせてみたよ。

Amazonに問い合わせた内容なのですが
白い背景というのは、
白の壁やテーブルなどを背景にして撮影したものでも良い?
と、言うような内容を問い合わせたことがあります。

その答えとしては
基準を満たせればご利用いただけます。
満たない場合は基準値を満たすように加工してください

いった内容が返ってきました。
※現時点では大丈夫だが、今後それも削除対象になる可能性が高い?

極端な話が
画像編集でしっかりと白抜きをしてくださいという事ですね。

ご自身で画像編集をできる方は良いのですが
できない場合はグラフィックデザイナーなどに依頼されることを推奨します。

白抜き加工 参考

参考例として下記のように仕上げます。
今までは左のような写真でも
大丈夫だったのですが
現在は右のように加工してください
という事です。




絶対に背景を白にするべき?

当然ですが、必ずした方が良いです。

白抜きすることは少し手間ではありますが、
小売業であれば売れないことにはビジネスが成立しません

大口出品をしてAmazonに5000円程の会費
払っていてもそれすら回収できない状態では
商売あがったり
です。

写真の忠告を無視したことにより
検索対象外になってしまっては
人気商品であっても売ることができません。

売れないのに出品していても
会費や時間の無駄になるので
Amazonのガイドラインに満たした
写真で販売を推奨します。

出品ページの改善

売れない状況を自身で作くらぬように
ルールに基づいた出品で万全な体制にして
販売していきましょう。

基礎がしっかりとできていないと、ライバル社に蹴り落とされる時代です。

最低限、ルールに基づいた出品方法をして
且つライバル社との差別化を進めていくことが生き残っていくために
必要不可欠になります。

加工しないといけないのはわかったけど、加工依頼をしたりしてあまりコストかけたくないな~。
相方
相方
Rito
Rito
だったら、自分で加工しちゃおう♪

自分で背景を白くしたいと言う方は下記をご覧ください

出来る限りコストをかけないよう、簡単なツールで写真加工ができる内容を記事にしております。

自分で白抜きをしたい、安く白抜きをしたい・・・

最後までご覧いただきありがとうございました♪