情報商材の購入。
目的が変わっていませんか?

どれにしようかな・・・
相方
相方
Rito
Rito
何をお探しですか?
この間購入した情報商材の内容がいまいちだったから、別の情報商材買おうとしているんだけど・・・
相方
相方
Rito
Rito
貴方、本来の目的を忘れてない?
本来の目的?
相方
相方

どうもリトです♪

さて、今回は
数多く存在する情報商材を購入している人
ありがちな実例を元に書いていきたいと思います。

ありがちな?
今の私に該当してる?
相方
相方
Rito
Rito
恐らくは・・・

ありがちなと聞くと
ピンとくる方もいらっしゃると思います。

そうです。
「 ノウハウコレクター 」に
陥ってしまう事です。

ノウハウコレクター?
相方
相方
Rito
Rito
そうです・・・。
何そのかっこいい
ネーミング!
なりたい!!
相方
相方
Rito
Rito
え・・・?
やめてくれ・・・

ノウハウコレクターに陥っている方は
本来の目的を忘れてしまっているのです。

要はタイトルにもある通り
目的が変わっていませんか?
という事です。

ノウハウコレクターとは・・・・

ノウハウコレクターと言われるのは
人によって基準が違う為に
どのような人がノウハウコレクターか
そうでないかは異なります。

此方は私のブログですので
私の基準で書かせて頂きますが
情報商材を過去に5個以上買っていて
稼ぐ事ができていない人

をノウハウコレクターと呼んでおります。

要は言い方が悪くて申し訳ないのですが
優良な情報を購入したにも関わらず
稼ぐ事ができていない人
です。
※詐欺情報を除く

詐欺情報を除くと記載しましたが
優良にも関わらず
自分自身が稼げなかったから詐欺だ」と
言い始める方もいらっしゃいますので
一概に「それなら仕方ないですね」とは
言えませんが、自他共に認める
詐欺情報以外の情報を読んでも稼げない人がノウハウコレクターという事です。

基本的に稼げる情報なのに
詐欺だ」と言い始める人は
ノウハウコレクターですが・・・。

Rito
Rito
ノウハウコレクター
かっこいいんだっけ?
・・・
話し続けて・・・。
相方
相方

突然ですが

貴方はなぜ情報商材を検討している
又は購入しましたか?

当然ながら
稼げるようになりたいから
購入したわけですよね?

要は貴方の本来の目的は
稼ぐ事」なのです。

しかし
情報商材を購入した方の中で
下記の様に発言する方が
最近多いように感じます。

購入したPDFは読んだ事がある
購入した情報は知っているから他の情報をください
PDFが短く読みごたえがない
読んでみたが稼げないと思うから詐欺だ

貴方の身近やSNSなどで
いらっしゃいませんか?
結構、上記のように言う人多いですよね?

と、言うよりは
ノウハウコレクターの殆どが
言う言葉と言っても過言ではない

よく考えてください。

貴方は「読書したいの?
って話ですよね?

稼ぐ為の行動ができていないのに
稼げる知識なんて頭に入れたところで
結果は出るはずがないのです。

行動できていないわけですから・・・

情報を読んで
読んでみたが稼げないと思うから詐欺だ
と言うような人は特にそうなのですが、
稼げない人間が稼げない情報だと
なぜ判断できるのかも不思議
な話です。

当然ですよね?

同じ事をやって稼げる人がいる中で
稼げていない
わけですから。

貴方だから稼げないだけ」であって
その情報は詐欺ではなく
優良な情報だと言う事です。

何が言いたいかと言うと
例えば情報商材の内容が
物販」に関する情報だったとします。

今現在でも
物販で稼いでいる人は大勢いらっしゃいます

当たり前ではありますが
物販は稼げるビジネスなわけです。
※物販を推奨していると言う意味ではありません

その中でも
稼げていない人も存在するわけです。

その稼げていない人が
物販は稼げないビジネスだから詐欺だ」と
言っているようなものです。

おかしな話ですよね?

物販は今でも存在しますし
お金と言う物が存在して
買い物をすると言う習慣がなくならない限り
物販は詐欺だ」という事の方がおかしいのです。

ネットショップやデパートやコンビニなど
立派な物販/転売なのですから
今でも稼げる堅実な商売なわけです。

物販は稼げないビジネスだから詐欺だ
ではなく
物販は稼げるからビジネス」なのです。

稼げるからビジネスであって
稼げないのはボランティア

本当の詐欺くらいです。

消費者の中で
転売なんて犯罪だ
転売なんてなくなってしまえ」と、
言っていると同じくらい大きな勘違いをしています。

転売が嫌いなら製造会社以外から買うなって
話になってしまいますよね。

コンビニや自動販売機なども
転売なのですから・・・。

その方達は、品薄の商品を買い占めて
定価以上で売っているやつ消えろって
事でしょうけどね^^;

要はダフ屋行為をしているやつは消えろって意味で転売は消えろと言っているのは、
わかりますので何も言いはしませんが
そういった発言が多すぎて転売は犯罪と
勘違いしている人もいます

一般消費者からすれば
本当の「転売とは」なんて
わからないと思いますので
仕方ない事だとは思いますが
私が言いたいのは
商売人が勘違いしてちゃダメでしょ
って話です

転売をやられている人がブログやSNSで
転売消えろって記載してる人もいるので;
※冗談抜きで残念ながら沢山います

中傷的な発言&話が紆余曲折しましたが
上記の様に勘違いしている人は多いです。

今回は物販で例えましたが、
この世に存在している業と言うのは
稼げるからビジネスであって、
稼げないのはボランティアという事です。

皆やっている事だからこのビジネスはもう稼げない」と言う人もいますが
これもおかしな話で存在している業で稼がれている人も存在するのですから
皆がやっているから=稼げない
と言うわけではないのです。

行動していないから稼げないだけです。

この文章を見て「イラっ」とする人もいるでしょう。
それはなぜか・・・。
イラっとした人は上記に当てはまるからです。

要は消費者志向の考えだという事です。

稼がれている人や経営者思考の方が
この文章を見たらどうでしょう?

当たり前の事
まー、そうだよね
そんな事でイラっとする人いるの?

このような反応だと思います。




また話がそれましたので戻します。

貴方の目的は変わっていませんか?について

最初の目的は「稼ぐ」だったのに
読書が趣味」になっていませんか?
という事です。

更に言ってしまえば
目指しているのは商売人なのに
消費者志向のままじゃないですか?
という事。

知らない事を知るのは魅力もありますし
知識がついたと心が満たされると思いますが
心が満たされたところで
稼げなければ意味がない
のです。

新たな知識を読んで
心を満たしたいだけであれば、
本屋さんへ行って数多くある本を
購入して読んでください

としか言えません。

こう言った事を書くと
誤解される方もいらっしゃるので、
念のために記載しておきますが
読書が趣味の方を
馬鹿にしているわけではない
」です。

寧ろ、趣味で読書をしている人は
素晴らしい趣味だと思っています。

私が言っているのは、
稼ぐ事が目的なのに
読書が目的
になっていませんか?
という事です。

要は、ノウハウコレクターがよく言う
PDFが短く読みごたえがない
なんかが特にそうですが
読みごたえがあるからなんですか?
って思いませんか?

その時点で目的が長い文章を読む事になっているのです。

本来、稼ぐ事が目的であれば
さっさと読み終えて知識を習得して、
早く行動してお金を稼ぎたい
考えるはずです。

稼ぐ事が目的ですから
無駄な時間を使いたくないはずです

1ページで纏められそうな内容に
5Pも10Pも必要ない
のです。

当然です。
1Pで済むのに10Pも読んでいるわけですから、
9ページ分無駄な時間なのです。

ダラダラと読んでいる暇があれば
その無駄な時間を行動に移してしまった方が早く結果に結びつきます

稼ぐ事が目的なのであれば
読み応えなんて必要ない
のです。

寧ろ、内容が明確であれば数行で十分です

例えば

この情報は○○を使います
その○○をこのように使います
そうすると結果的にこのように収益があります

これだけで十分だと思いませんか?

あとは実践するだけなのですから
余計な事はいらない
のです

実践しないと結果なんて
出せないわけですから・・・。

著者からしたら
誰にでもわかりやすいように
という事でしょうから
著者を批判する気も何もありません。

どんなにわかりやすいように書いても
稼げない人が見たら
詐欺者扱いされる」わけですから
著者も大変だなとさえ思います。

私が何が言いたいかと言いますと
明確にやり方などが書いてあれば
読み応えがないなどと
いちゃもんつけてないでさっさと行動
という事です。

文章が長かろうが短かろうが
書いてある事は同じ

要は行動したら結果は同じという事。

だったら
まずは行動をして、わからなければ
行動しながらわからない点を販売者に聞くか
自分で調べてしまった方が速いのです。

印象的にノウハウコレクターは
ダラダラと文章を読んで楽しんでいるだけで
終わってしまっているという事です。

情報商材を買っている意味がないですよね?

稼ぐ目的ではなくて、ノウハウコレクターが趣味と言う方もいらっしゃるので
全てのノウハウコレクターの人を
否定する気は御座いませんが
稼ぐ事を目的としている人間がコレクターしても意味がないという事です。

今回の内容は基本的にノウハウコレクターに関して記載していますが、
これに限らず目的が変わってしまっている方は本当に多いです。

例えば
Amazonですと出品をする際に
申請をして許可を頂かないと
出品できないカテゴリーなどあります。

その場合は
○○カテゴリーでも販売したいから申請
をすると目的があると思います。

ですが
Amazonも許可を取るのが
日に日に厳しくなってきていて
中々許可がもらえないこともあります。

その度に
どうしたら許可がとれるんだ?
次はどうやって申請しようか」など
申請を通す事が目的化している人
もいます。

今は申請は必要ないのですが
Amazonのカテゴリーで以前必要だった
ドラッグストア申請などが良い例
です。

確かに当時は、その申請を通す事によって
他の出品者との差別化や
商品ジャンルも多く取り扱えた
ので
取得したい許可の一つでした。
※現在は申請もなく誰でも出品できるカテゴリーです

しかしながら
その許可も通す事が厳しくなってきていて、通す事が本当に難しかったのです。

その為に
落ちる度にどうしたら通るんだ?
目的が許可を取る事へと変わってしまい
結果許可が取れたとしても
許可が取れた事に満足してしまい
結局は該当商品を販売しないまま

消えていったセラーも多くいます。

要は許可を通す事に必死になりすぎて
許可が通った後の事を全く考えていなかったわけです。

ビジネス以外で言えば
○○大学へ合格するために塾に入る
目的とします。

目的は大学に合格することです。

塾に通う事や塾の宿題(課題)
をする事が大変だ
等と思い始めると
行きたくないけど行かなきゃ
思い始めてしまいます。

この場合は
合格が目的ではなく
塾に通うのが目的
になる傾向があります。

行きたくないけど、両親に塾代払ってもらっているから行かなきゃ・・・
折角バイトで頑張って塾代払っているのだから行かなきゃ勿体ない・・・
大変だけど、行かないと○○だから行かなきゃ・・・

など、人によって内容は異なりますが
本来は「塾に行って○○大学に合格する
だったのに
○○だから塾に行かなきゃ
に変わっていませんか?という事。

それで合格してしまえば結果オーライですが
塾へとりあえず行くと言う事が目的化
してしまうと
勉強の内容が頭に入らず良い方向へ向かえない傾向もあります

その場合、その人はどう思うかと言うと
塾に行ってたのに受からなかった
塾が悪い」「担当の先生が悪い」などと
言い始めてしまうのです。

要は他責思考(他人に責任を負わす考え)の発想になりがちです。

因みにですが
ビジネスは全て自己責任とよく言いますが
全く持ってその通りで
他責にしている人の殆どが稼げません

自分の小さなプライドを守るために
全てにおいて自分は悪くないと
言いたがります。

念の為にまた最初に言っておきますが
下記に書く事は
すべての人がこうだと言うわけではありません
※結構突っかかってくる人が多いものでw




他責にする傾向がある人は
私が見てる限りではありますが
下記に当てはまる方が多いです。

脱サラして個人事業主になり始めの方
元大手会社で務めていた方
高学歴
国家資格を沢山所有している方

上記のような人は
自分の方が知識があると言う
勘違いをしているのか
教えても行動しなかったり
全く違う方法でやり始めたりします。

その結果、稼ぐ事ができず言い始めるのが
貴方に頼んでも稼げないじゃん
貴方の情報は稼げないじゃん
など、他責発言をし始めます。

因みに商材を購入して
詐欺だ」と言っている人も
サラリーマン思考の方や高学歴の人が多い

また話が脱線してしまったので
元に戻しますが、このように
本来の目的ではなく違う所へと
目的が変わってしまった場合
は、
結果的に本来やりたかった結果に
行きつかない場合が殆ど
です。

しつこいようですが
一概に全ての人だとは言いません。

ですが見ている限り
その傾向にあるという事です。

この記事を通して
何を伝えたかったかと言いますと
本来の目的が貴方にとっての
一番の宝/力になるのだから
目的を忘れてはいけない

という事です。

目的は人それぞれです。

今は○○だが・・・
稼げるようになりたい
○○が上手になりたい
○○を成し遂げたい
○○をやりたい
など。

ビジネスに限らず目的とは夢でもある
のですからそれは曲げてはいけない
という事です。

自分の理想に少しでも近づけるように、
無駄な寄り道(別の目的化)をしないで
目的に向かって進みましょう。

と、この記事で少しでも伝えられたらと
思い記載させていただきました。

私も様々なビジネスに立ち触ってきましたが
道を外してしまったり
目的が変わってしまっていたりしました。

その結果どうなったかと言うと
何も変わっていなかった」のです。

稼げていない時に「稼ぎたい」と思い
それを目的に頑張っていたつもりが
自分の気づかぬうちに目的が変わっていて
結局「稼げていない」状態だったのです。

そう言った事もあり
しっかりと目的を持って
その目的を忘れてはいけない

という事も身をもって実感しています。

目的を曲げずに考え方を変えると
必ず良い結果が待っています

このブログを見てくださっている方は
ビジネスに立ち触っている人や
これからやろうと思っている方が多い
と思いますので、今回は主に
ノウハウコレクターで例えました。

ビジネスをやられている人
又はやろうとしている人は
稼ぐ事が目的であり、
稼ぎ続ける事が使命です

一発屋の花火の様に一回稼いだだけでは
食べてはいけません

自分が望む夢や目的を達成するために
他責にせずに自分と向き合い
目的を変えずに突き進んでください

長くなってしまった上に
一部中傷的な発言が含まれた事を
深くお詫び申し上げます。

その上で
文字だけの長文を最後まで
読んでくださり有難う御座いました。

このブログを通して
1行や1単語だけでも
読んでくださった方にとって
有益な情報があったら幸いです。

今後も少しでも参考になる情報がありましたら公開できる範囲ではありますが、記載していこうと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは失礼いたしますm(__)m