どうもRT-JPNです^^

商戦時期が続き、取り扱う商品が増える事から
下記のようなお客様からのお問い合わせが増えております。

加工枚数が多いので、なるべく安く白抜きしたい
そこまで綺麗でなくても良いから自分で加工したい
長期休暇の時も加工依頼したいが業者様がお休み

などなど「安く」且つ「自分で加工したい」というお客様からの
お問い合わせが複数来ております。

Amazonはもちろんですが楽天の商品画像も白ベース背景や
背景白が基準となってますので、更にお問い合わせが増えてます^^;

本来であればphotoshopなどで加工したいが
どうしても難しいので初心者でできる方法がないか・・・
と言うご相談が多いです。

しかしながら、写真加工は専門的な技術でもあります。

そう簡単に初心者が手を出せるものなど・・・・

 

あります(笑)

とは言いましても、あくまでも簡易的に行えるものですので
細かな個所の切り抜きなどは厳しい面は御座います。

ですが、大雑把にや簡易的にと言う前提で
商品などを切り抜く程度であれば十分に使えます。

使い方によっては結構綺麗に切り抜けます

はじめにお伝え致しますが
あくまでも、初心者が直感的に使えるツールとして推奨しているだけであり
これがあれば何でも大丈夫と言っているわけではありません

私が推奨するならば
やはりphotoshop又はillustratorです。
写真メインであればphotoshop

しかし、業者様が使っている専門的なソフトですので
全く無知な状態から使おうとすると何が何だかわかりません。

多少でも経ち触っていればまだ良いのですが
レイヤー?マスク?パス?など、基本的な単語も知らない状態で
作業を行おうとしてもなかなか先に進みません。

調べながらであればできない事はないのですが
恐らくかなりの時間がかかってしまいます。

一枚加工するだけに何時間も何日もかかってしまっては
意味がないですよね・・・

そのような考えから
直感的に捜査ができる下記のツールを
ご紹介しようと考えました。

そのツールと言うのが

Cliping Magic  ( クリッピング マジック )

クリッピングマジックは以前は無料だったのですが
現在は有料化されてしまっています。

しかしながら一番安いプランであれば数百円程度ですので
月に10枚程度の加工くらいしかやらないのであれば
業者に頼むより安価で済みます

価格は海外サイトなのでドルでの表記ですが下記の通りになります。

ライト:$3.99/月
スタンダード:$7.99/月
プロ:$14.99/月

となります。

このプランで何が違うの?という事ですが
プランによって月に加工できる枚数が異なります

ライト:15枚/月
スタンダード:100枚/月
プロ:500枚/月

このようにプランによって加工できる枚数が決まっています。

一番高くても$14.99/月ですから
業者様に頼むよりははるかに安い事がわかります。

影なども付ける事ができるので使いようによっては
十分すぎる機能が備わっていると思います。

これで満足できない・・・
もっとをスキルを・・・
もっと特殊な加工がしたい・・・

そんなあなたは是非photoshopを推奨(笑)

使用方法

まずは下記のリンクから飛んでいただき、登録を完了させます。
※登録方法は省かせていただきます

https://clippingmagic.com/

クリッピングマジックは、お持ちのパソコンにソフトを入れるわけではなく
WEB上で加工ができるサービスなので、パソコンの容量が・・・
なんて気にすることもありません。

動作の関係である程度のスペックは欲しいですが
ハイスペックじゃないと駄目という事はありません

もちろんノートパソコンだって可能です。

とは言っても今のノートパソコンは性能いいですけどね(笑)

使用状況にもよりますが
Youtubeなどを普通に見れるパソコンであれば問題ないです(笑)

無音で申し訳ないのですが
以前に撮影した加工風景が御座いますので
是非ご覧ください。

操作方法(無音動画)

https://youtu.be/t9HEqEZstLQ

基本的な切り抜きの流れを動画にしたものです。
説明だけの為に制作したので、細かくは加工しておりません

大まかな流れと使い方、基本的に使うツールがお伝えできればと思い
制作してあります。

 

実際に加工した写真

ここまできれいに切れていれば
Amazon 、 楽天 、 ECショップ などは問題ないですね♪

背景透明、白はもちろん様々な色に変更できる

上の赤丸の所をクリックしますと、カラーが選択できます

カラー高度による色の指定なんかもできますので
お好みに合わせて背景色を変更できます

 

実際に色を変えてみるとこんな感じです。

人物のまわりがぽわーんとしてますねw

手抜き感、満載で申し訳ないですm(__)m

少しでも伝われば良いかなと、こんな感じで・・・←必死の言い訳w

 

使用する際の注意

出来ない事はないのですが
髪の毛などの細かい毛が切り抜きが厳しい時があります

髪の毛部分を切り抜く用のツールもあるにはあるのですが
写真の状態により使えるときと使えないときがあります。

使えないと言うのは、無駄に切り抜きすぎたり
残ってしまったりと言う意味です。

また、エッジがしっかりしているものに関しては切り抜きやすいのですが
そうでない場合は基本的にパス(矢印のようなマークのツール)で
切り抜く事になります。

大雑把な切り抜きまでは緑と赤のツールで
上手く切り抜けなかった部分をパスで対応と言った感じです。

 

最後に・・・

あまり難しくない写真だけを自分自身で加工して
自分では対応ができない物を業者に依頼をすると言うだけでも
かなりコストダウンにつながると思います。

最初は不慣れであるのは仕方ないのですが
慣れてくると綺麗に切り抜く事も可能です。

なので、少しでもコストを減らしたいという事であれば
是非チャレンジしてみてください♪

それではここまで読んでくださりありがとうございましたm(__)m