どうも、リトです。

クライアントの方からいただいたお問い合わせで
古物商が欲しいから司法書士に依頼しようと思うんだけど・・・
と頂いたので記事にしたいと思います。

結果から言ってしまうと、ご自身でやられたほうが良いです。

難しいことは何一つありませんので、無駄に司法書士に支払って届出をしていただくよりはご自身で届出を行って浮いた資金で商品の仕入れをした方が良いと私は考えます。

自分で届出を行っている暇がないなどの場合はご依頼すると言う形を推奨します。

そもそも古物商は必要?

以下のことをする際に必ず古物商の許可証が必要になります

  • 古物を自らまたは他人の委託を受けて、売買または交換をする営業(古物商)
  • 古物商間での古物の売買または古物の交換のための市場を経営する営業(古物市場主)
  • 古物の売買をしようとする者のあっせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他政令で定めるものに限る)により行う営業(古物競りあっせん業)これらを古物営業と言います。

古物営業をするためには古物商許可証が必須となります

どんなものが古物に該当する?

  • 一度使用された物品
  • 使用されない物品で、使用のために取引されたもの
  • これらの物品に幾分の手入れをしたもの

お客様や市場などから買取や買い付け(仕入れ)を行い、営利目的で販売する物に関しては全て古物扱いになります

古物=骨董品と勘違いされる方も多いのですが、わかりやすく言えば一度消費者の手に渡った物は古物になります。

例えば消費者が新品の何かを店舗などで購入したが、結局使用せずに自宅保管されていた物
上記の場合でも物自体は新品ではありますが、営利目的で買い取った場合は古物営業となります。

買い取って再販する行為=古物に該当し、古物営業となると考えても良いです
自己使用目的など、営利目的ではない場合は古物営業にはなりません

古物の品目

古物営業法施行規則では次の13品目に区別されています

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

届出を行う際に、取り扱う品目にチェックをいれる形となります

何処で届出をするの?

ご自身が古物を取り扱う営業所の所在地を管轄する警察署の生活安全課(係)で届出ができます。

最寄りの警察署で古物商の届出をしたいと受付で伝えれば案内していただけると思います。

受付時間
月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時15分まで

許可申請をするための費用は?

茨城県では新規許可申請の場合は19,000円の費用が掛かります。
※納付書により茨城県収入証紙で納付

住民票なども必要なので、トータルで20,000円あればお釣りがきます

司法書士に頼むと、上記+代行費用が掛かるので結構高いです。

許可に必要な書類

茨城県の場合は下記のリンクから必要書類がコピーできます。
茨城県での届出の際に必要な書類

個人の場合と法人の場合とでは、多少異なります。

法人の場合は上記リンクの書類全てが必要になります。

個人の場合は
別記様式第1号その1(ア)
別記様式第1号その2 
別記様式第1号その3

上記リンクの書類以外でご自身で用意する物

・住民票の写し
(本籍または国籍の記載あるもので個人番号の記載がないもの)

・登記されていないことの証明書

・市区町村長の発行する身分証明書

・人的欠格事由に該当しない旨の誓約書

・最近5年間の略歴を記載した書面

法人の場合は定款及び登記事項証明書も必要です。




必要書類がよくわからない・・・

聞きなれない書類の名前などもあることから
やはり自分じゃ用意できないかも・・・
と思われる方も正直多いです。

そのことから結局は司法書士に依頼する方も少なからずいらっしゃいます。

少しだけ手間はかかりますが、手っ取り早く確実な方法があります

手っ取り早く必要書類を集める方法

答えは簡単です。

一度、警察署に行くだけです。

警察署に行き、古物商の届出をしたいので必要な書類を頂きたいと言うだけで書類をもらう事ができます。

頂いた書類の他に何か必要なものはありますか?と、たずねれば住民票など必要なものなどを教えてくれます。

最初から準備していくより、一回だけ警察署に行く機会が増えてしまいますが
書類が足りずに何度も足を運ぶよりは断然良いです。

頂いた書類と必要な書類だけ集めて、あとは書類を記載して再度警察署に持って行くだけなのでそこまで手間はかかりません。

逆に書類が足りないと何度も自宅と警察署の往復をする羽目になりますので、最初から警察署に行った方が早い場合があります。

届出をしてから許可書をもらえるまでの期間

此方は同時期に届出をした人の人数や警察署などによっても異なりますので、一概にこれぐらいでとは言えないのですが、おおよそ届出をしてから1か月くらいかかります。

私自身が申請した時は約3週間ほどで許可書ができました。

古物営業の許可を受けられない方

日本国籍であれば大体の方が取得できますが、一部許可を受けられない方もいらっしゃいます。

  • 許可を受けようとする方が、次に該当する場合には、許可を受けられません。
  1. 成年被後見人若しくは被保佐人または破産者で復権を得ないもの
  2. ・罪種を問わず禁錮以上の刑に処せられ、刑の執行が終わってから5年を経過しない者(執行猶予期間中の者も含む)
    ・窃盗、背任、遺失物・占有離脱物横領、盗品等有償譲受け等の罪で罰金刑に処せられ、刑の執行が終わってから5年を経過しない者
    ・古物営業法違反のうち、無許可、許可の不正取得、名義貸し、営業停止命令違反で罰金刑に処せられ、刑の執行が終わってから5年を経過しない者
  3. 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で国家公安委員会規則で定めるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由があるもの
  4. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第12条若しくは第12条の6の規定による命令又は同法第12条の4第2項の規定による指示を受けた者であって、当該命令又は指示を受けた日から起算して3年を経過しないもの
  5. 住居の定まらない者
  6. 古物営業法第24条の規定により、古物営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者
  7. 古物営業法第24条の規定により、許可の取り消しに係る聴聞の期日等の公示の日から、取り消し等の決定をする日までの間に、許可証を返納した者で、当該返納の日から起算して5年を経過しないもの。
  8. 営業について成年者と同一の行為能力を有しない未成年者
  9. 営業所または古物市場ごとに、業務を適正に実施するための責任者としての管理者を選任すると認められないことについて相当な理由のあるもの。
  10. 法人役員に1~7に該当する者があるもの

上記の方は届出をしても許可が下りませんのでご注意くださいませ

さいごに

古物商許可があると安心して買い付けなども行えますので、届出を推奨します。

勿論届出のないものが古物営業をすることは法的に禁止されており、罰されるのでご注意ください。

・ヤフオク、メルカリ、ラクマなどで販売したい
・リサイクルショップを立ち上げたい
・中古自動車を販売したい
上記などをお考えの方は、届出を!

古物商は、年金問題による老後のためにと副業をされている方も多いのでお勧めです。

本業としては勿論ですが、副業として行って老後に備えるのも良いかもしれません。

少しでもお役に立てれば幸いです。

ここまで熟読していただきありがとうございました。