ヤフオク 最低落札 価格 のオプションが廃止! ヤフーオークション

Rito
Rito
今回は
YAHOO!オークション
に関しての記事です。
以降ヤフーオークションを
ヤフオクと略します
相方
相方

ヤフオク 一部 有料 オプション の終了について

今回は該当するオプションの中の1つである「 最低落札 価格 」について
此方をテーマに記事を書いていきたいと思います。

最低落札 価格
って何?
相方
相方

ヤフオクの最低落札価格の設定に関してご存知ですか?

ヤフオクをよく利用している利用者はピンとくるかと思います。

下記の画像のように赤丸が表示される出品が最低落札価格を設定されている出品です。


上記は入札が1となっているが
此方は出品者が設定した最低落札価格に達していない為に落札ができない状態です。

要はこの状態でオークションが終了しても、誰も商品を落札できないと言う事です。

あー。
あの地味にイラッとする
出品の設定か~。
相方
相方
Rito
Rito
おいおい・・・

要するに
出品者が設定した最低落札価格より、上回った価格で入札しないと落札できない
と言う事です。

下回った価格で入札すると
あなたが入札した金額は、出品者が設定した最低落札価格よりも低い金額です」と表示されます。

出品者側からすれば、1円出品して思った以上に安く落札されてしまったと言う損失を防げる機能と言う事です。

この機能自体はだいぶ昔から存在します。

なるほど。
そういう意味が
あったのね・・・
相方
相方




なぜ今更「最低落札価格」について記事にしたの?

何故、今更記事にしたかと言いますと
冒頭でも記載した通りその機能が廃止されるからです。

ヤフオクのお知らせでも2019年7月5日に更新されておりますが
2019 年 9 ⽉ 30 ⽇に一部の有料オプションが終了します。

該当したオプションの中に「最低落札価格」がありました。

今回の廃止に該当するオプション

最低落札価格
・アフィリエイト
・太字テキスト
・背景⾊
・⽬⽴ちアイコン
・贈答品アイコン
・みんなのチャリティー

終了予定⽇時

2019 年 9 ⽉ 30 ⽇(⽉)11: 00 頃以降、新規出品・再出品・オークションの編集から設定不可

対象カテゴリは全カテゴリで廃止されます。
最低落札価格は「⾃動⾞、オートバイ 」「スポーツ、レジャー」のカテゴリでは無料で設定できておりましたが、こちらも設定不可になります。

 

廃止にされる事によってメリットなの?デメリットなの?

これに関しては
利用者(落札側か出品側か)によっても異なります
考え方によっても異なりますので一概にこうだとは言えません。

ですが、平均的には
・落札者にとってはメリットが多い
・出品者にとってはデメリットが多い
と個人的には思います。

落札側の場合

これに関して調べた事がある方はわかるかと思いますが
最低落札額が設定されている出品は落札者側からすると否定的な意見が多いです。

要は
わざわざ1円出品しないで、最初から最低落札価格を開始価格にして出品してよ!
と言う意見をよく目にします。

また、否定的な意見が多い事からか
最低落札価格を設定している出品は絶対に参加したくない
と考える方もいらっしゃるようです。

正直に
それは思ったことあるな。
相方
相方

最低落札価格を上回った入札でなければ
せっかく入札したのに落札できないわけですから
時間の無駄ですし、何よりストレスも溜まります

また、最低落札価格が設定されている出品は
オークションが終了するまで最低落札価格がわかりません

同じ商品が別の出品者で出品されている際に、比べて検討したりができないという事です。

他のユーザーと競ることは置いといても
入札してみないと落札できるかどうかすらわからないのであれば
落札できなかった時は時間の無駄にしかなりません。

そう言った考えの方が多い事から平均的に嫌われているようです。

意図的に最低落札の出品を狙う方もいますので、一概に需要がないと言うわけではないです。
しかし、平均的に嫌っている方が多いと言う事です。

※上記はあくまでも平均を纏めたもので、実際は個々により考え方は異なります

出品側の場合

今まで最低落札価格を設定した手法で出品していた出品者はデメリットは多いと思います。

ですが、今までが通常出品していた方にとっては何の影響もないです。

寧ろ通常出品していた出品者からすれば
同じ商品を1円出品していた出品者は邪魔だと思う方もいらっしゃるので、そのような方からしたらメリットと思います。




なぜ、最低落札額を設定して出品するの?

理由は単純で1円出品の方がアクセスが集まるからです。

アクセス数を気にしていないのであれば、最初から最低落札額で出品します

他にも理由があると言う方もいらっしゃるが、基本的にアクセス数が主な狙いです。

釣りとして使う出品者も・・・

最低落札額をかなり高くして落札させる気がない出品です。
簡単に言うとサクラのような出品です

何がしたいのかと言うと
1円出品で釣られたユーザーの中でその出品者の他の出品を見る可能性があるので
自身の他の出品を見てもらうために誘導の目的で1円出品している出品者もいます。

そういう人もいるのね。
相方
相方

現在は少なくはなってきていますが、未だにこの手法を使っている人もいます。

今回の廃止でこの手法が使えなくなるので、これを行っていた方は違う手法を考えるか、あきらめるかになると思います。

今回の廃止について

あくまでも個人的な意見ではございますが
平均的に最低落札価格の設定は嫌われていた事から
落札者側からすればメリットが多いお知らせだったのではないかなと思います。

勿論、通常出品していた出品者も
最低落札価格設定の1円出品により妨害されていたアクセス数はなくなることからメリットがあるのではないでしょうか。

最低落札価格を利用した手法や意図的に狙って落札していた方からすればデメリットではございますが
平均的に良いお知らせだったと私は解釈しております。

皆様は如何だったでしょうか

今回はヤフオクの一部有料オプションの廃止について記事にしてみました。
少しでもお役になれれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。