どうもリトです。

此方のページにたどり着いたと言う事は
長いURLを短くしたい
URX.NUを使ってたが使えなくなってた
などと思います。

いつも通り使えると思ったら・・・

このページ・・・・

急いでいる時に限ってこのページに飛ばされてると泣きたくなりますよね(笑)
寧ろイラっと・・・(笑)

と言うのも、私は元々「 Google URL Shorter 」を使用していました。
しかし、2019年3月30日で終了

仕方なく「URX.NU」に乗り換えたのですが
何気なく使おうとしたらエラーページ・・・

「URX.NU」に関してはいつの間にか終了?してた感じなので泣く泣く乗り換え;

上記のような流れで現在は「 Bitly 」を使用しております。

そこで、とりあえず急いでURLを短縮したいんだと言う方の為に記事にしました。
少しでもご参考になれれば幸いです。

また、少しでも早く利用できるように、基本的な使い方だけ記載しています。

もっと使いこなしたい!と言う方は様々なブロガー様が記事にしていますので、余裕のある時に調べていただけたら良いかと思います。

まずは、今すぐに短縮したいんだと言う方の為にご説明していきます。

はじめに

「Bitly」URLの短縮に特化したサービスです。
英文のサイトとはなりますが、比較的単純な作業でURLを短縮できます。

プランは無料と有料があります。

かんたんに説明しますと、ただURLを短縮したいだけであれば無料で十分です。

独自ドメインを利用した短縮URLの生成を希望している場合は有料になります。

細かい説明は割合します。




まずはアカウントをつくろう

「 Bitly 」のリンクは下記に張り付けておきます。

リンクは此方→「 Bitly 」

リンク先に飛びますと下記のページに移ります

此方のページの赤丸をクリックします。
「Get Started for Free」と言う場所です。

クリックした後は下記のようなページに移ります。
上記の赤丸をクリックします。
「Get Started for Free」と言う場所です。

其方をクリックしますと、下の写真のアカウント作成画面へと移ります。

個人的にはGoogleのアカウントでログインしたほうが早いと思います。

Googleのアカウントを使いたくない場合は、メールアドレスにて必要事項を埋めてアカウントを作成します。
ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し「Sign up with Email」をクリック。

上記が完了しますと、下記のようなメールが届きます。
此方が届いたら「START CREATING LINKS」をクリック。

これでアカウント作成の作業は完了です。




URLを短縮しよう

まず、メールで届いた「START CREATING LINKS」をクリックしたら下記のページに移ります。

このページの右上にある「CREATE」「∨」にカーソルを当てるとドロップダウンで表示されます。

ドロップダウンされた「BITLINK」をクリックします。

「BITLINK」をクリックするとページ右側に下記のようなウィンドが表示されます。
表示されたウィンドの赤丸の部分に短縮したいURLを挿入します。

挿入後、自動的に下記のように画面が変わります。


ここまで来たらあとは簡単です

下記の赤丸をコピーします(後でも可能)
コピーしたものをSNSやブログなどにペーストしてお使いいただけます。
最後に上記の写真の右下にある「SAVE」をして完了です。

此方は管理画面でいつでも確認できます

 

削除方法

念のために削除方法も記載しておきます。

作業的には比較的簡単になっていて、管理画面の左下にあるリンクから削除したいURLを選択します。
次に管理画面の右下に表示される画面の赤丸「EDIT」をクリックします。

 

「EDIT」をクリックしますと下記のように左からウィンドが出てきます。
赤丸「Hide Link」をクリックし、表示された別窓の「CONFIRM」をクリックすれば削除完了です。
※削除した物の復元はできませんので、また必要になった場合は再度作り直す必要があります

 

さいごに

如何でしたでしょうか
使ってみた感想としましては、私個人的には一番使い勝手が良いように思います。

日本語対応となっていませんが、管理がしやすくとても重宝できます。
操作も単純なので、少し触っていれば感覚的に分かってくると思います。

どうしても英文が苦手だと言う場合は
GoogleクロームのブラウザでプラグインのGoogle翻訳でページ丸ごとを翻訳してしまえば、わかりやすいと思います。

・はじめてURLの短縮をしようとしている
・乗り換えを考えている
などなど、個々により状況は異なるかと思いますが、ご興味があれば是非お試しください。