DIY にも 便利 ♪ ガーデン バッグ ( 草刈り 庭の手入れ ガーデンバケツ )

今度は何を買ったの・・・
相方
相方

Rito
Rito
ポリ製の袋です・・・
はぁ?
袋なんて買い物袋で
十分でしょ?
相方
相方
Rito
Rito
いやいや仕事で使うんす・・・
最近「仕事で使う」と言えば済むと思っているんじゃないの?
相方
相方

Rito
Rito
本当なんだもん!!

どうもリトです。
今回は仕事でもプライベートでも
あると便利なガーデンバッグについて
記事にしたいと思います。

ガーデンバッグとは

庭の手入れなどで草木などを入れて
持ち運べるバッグです。

今回私が購入したのは
下記のバッグになります。

ガーデンバッグ
ガーデンバケツ
コンテナバッグ
とも言われます。

私が購入した商品のスペック

サイズ/容量(各袋)
:272L – 高さ76cm直径66cm

素材
:ポリプロピレン製(UV処理加工)

耐重量
:(約)54Kg

仕様
:折りたたみ式、自立式

スペックだけを見た私の感想

まだ重量物を入れて
運搬したことはないのですが
あまりにも重かったり突起物があると
すぐに破れそうなイメージです。

恐らくは詳細通り54Kgを入れても
耐えるとは思いますが、引きずったり
何かに引っかかったりしたら破れそう

でも、私はそこは気にしてないです

と言いますのも
よく廃棄物運搬などで使用される
フレコン(トン袋)があるのですが
これも重量物をいれたまま引きずると
破れますので、あまり変わらない。

今回購入した理由

普段はフレコンを使用しているのですが
現場によっては使い勝手が悪い

例えば
現場が狭い
車両から離れた場所での作業
(作業場の付近に車両が入れない等)
フレコンだと重くなる
荷物がかさばる

などなど。
フレコンは大容量で、利便性は良いのですが
現場によっては邪魔になる事があります。

現場が狭い場合に便利

現場が狭い
車両から離れた場所での作業
(作業場の付近に車両が入れない等)

上記の2つに言える事ですが
現場が狭いと積み込みたい車両が
近くに持って来れないことがあります。

何が大変かと言いますと
現場から車両まで人力で運ぶ必要がある
と、言う事です。

運ぶ物にもよりますが
重量物ですと中々の重労働です。

確かに一回で運んでしまった方が楽ですが
体は正直で後々になって後悔します・・・。

結構、腰に来るんですよね;

年だな・・・
相方
相方
Rito
Rito
・・・。

更に現場自体が狭く
一人分の道幅しかない現場もあります。

このような現場でフレコンに詰め込むと
持ち運ぶ際に通れないなんてことも・・・。

ねこ(一輪車)で運ぶのも手ですが
運べる量が少ない為沢山運ぶには不向き

そこで
ガーデンバッグなのです(笑)

個人的なメリット/デメリット

あくまで私が使用する環境での話ですが
少しでもご参考になれれば幸いです。

メリット

・こまめに運べる
・フレコンで運ぶより軽い
・狭い道でも通れる
・ネコに乗せて運べばさらに楽

車両にフレコンを積んでおいて
現場から車両まではガーデンバッグで運んで
車両でフレコンに入れると言う事も可能。
※バケツリレー的な発想(笑)

私が購入した物は折りたたみ式なので
そこまでかさばらないのも良いです。

フレコンだと作業が終わったら
綺麗にたたむ必要があって面倒・・

・畳まないでそのまま丸めたり
・そのままの状態で放置する
と言う方もいらっしゃいますが
すぐ劣化してしまうのです。

要は破れやすくなるんですよね。

だったらフレコンは必要最低限にして
ガーデンバッグを利用した方が良い
言うのが私の考えです。

勿論作業内容などによって
向き不向きはございますので
ご自身の作業内容に合わせて
使えるかどうか判断された方が良いですね。

園芸業の方はよく使われているようです。

デメリット

フレコンのように大容量ではない
私が購入したのは272Lの容量
容量が少ない分、往復する必要がある
産廃系だと向かない傾向がある
地味に高い

やはり、作業内容によっては
デメリットが存在します。

例えば産業廃棄物を運搬する際
物にもよりますが、一個一個が大きい為
すぐに一杯になってしまう。

更には突起物も多くあるために
破れてしまう可能性もある。

不用品回収、掃除屋などであれば
十分使えると思います。

解体屋重量物の産廃の場合は
不向きと言った感じです。

実際に使っている例

実際によく使われる場面

・不用品回収業者
・一部産業廃棄物業者
・道路際などの草刈り
・剪定枝運搬
・お庭の手入れ
・DIYのくず入れ

などなどです。

よくご自宅などで
DIY ( 日曜大工 )などをする方は
端材入れにも便利ですよ♪

結構、様々なところで
使われている物なのね。
相方
相方

思った以上に大容量

業務でフレコンを使っている人からしたら
あまり入らない印象があると思いますが
個人様で使用する分には大容量です。
落ち葉や剪定枝(枝、雑草なども)であれば
結構入るので一つあるだけでも便利です♪

値段

ホームセンターなどでの購入は
推奨できません

と言いますのも高いのです・・・。

メーカーやサイズでも異なりますが
大体一袋当たり¥2,000位します。

明確ではないのですが
90Lくらいの物で
1袋当たり¥1,500~¥2,000です

1袋で?
結構高いな。
相方
相方
Rito
Rito
何気に高いんだよね。

素材が良いなど理由はあるのですが
正直様々なものを使ってみましたが
そこまで耐久性に差はないですね。

安いからと言って一回で壊れるかと言ったら
そうでもないです。

逆に高いからと言ってかなり持つかと言えば
それもそんなことはないのです。

フレコンであってもそうですが
ばんばん作業をこなす使い方であれば
なにであってもすぐ破れます。

Rito
Rito
なので、私の場合は
安くてそこそこの物を
購入してます(笑)
まぁー
良い判断ね。
相方
相方

フレコンは安い物であれば
1袋当たり1000円以下であるので
・現場が広かったり
・量を積み込みたいんだ
と言う方はフレコン推奨

Rito
Rito
安いフレコンは
それなりに破れやすいので
使い捨てと思った方が良いです

購入先

Amazon です(笑)

私が購入したのは
272Lの3個セットの物です。

ホームセンターで3個買うと
6,000円程しますのでかなり節約できます。

ただ
本記事を書く際に
リンクを貼ろうと調べたら
既に売り切れていた為に
代わりにYahoo!の出品ページを
リンクとして貼っときます。

・ご購入はこちらから
ガーデンバッグ 3点セット

お安いフレコンバッグ

そこまで大きい物はいらないと言う方は
別のメーカーで95Lや120Lなどもございますので
自身にあったサイズを選ぶと良いかと思います。

お庭の手入れなどをよくされる方など
検討してみてはいかがでしょうか?

破れて使えなくなったら
パンダ突っ込んで産廃行きね♡
相方
相方
Rito
Rito
私は産廃なのか・・・